LIBERA

今日は文化の日

みなさま、

本日はいたるところで文化の日に因んだイベントが行われているようですね。

昨日のLIBERAブログでも書かせていただきましたが、

瀬田南学区の文化祭も本日がメインイベントとなっているようですね。

そこで、本日、文化の日の由来について、

ちょっと歴史のお話をさせて頂きたいと思います。

以下の文章について、右も左もないものと捉えてくださいませ。



そもそも、なぜ、今日が文化の日なのか。。。

ご存知ですか?

小学校の社会の授業で習いましたよね?

日本国憲法が公布されたのが昭和21年11月3日でした。

その日本国憲法が平和と文化を重視した憲法であるということから、

11月3日を文化の日、5月3日を憲法記念日

と制定されたそうです。

ここまでは、教科書通りですよね?

もう少し詳しく調べてみましょう。

祝日法制定当時、参議院文化委員長として祝日法制定の際中心的役割を担った山本勇造が政界引退後に書いた当時の回顧録「文化の日ができるまで」には明治節に関する記述は一切ない。山本によれば、元々、憲法発布は11月1日の予定であったが、施行日がメーデーと重なるという理由で直前に11月3日に変更されたのだという。山本ら参議院側は11月3日を憲法記念日とすることを強硬に主張したが、GHQ側が、11月3日だけは絶対にだめだと主張し、衆議院が5月3日を憲法記念日とすることに同意してしまい、参議院側が孤立する事態になった。そのとき突然GHQ側から、憲法記念日という名でない記念日とするなら何という名がいいか、という話を持ち出してきたという。
※wikipediaより抜粋

この抜粋記事をみて、気になるのが、

「なぜ、11月3日を憲法記念日にするという事をGHQが嫌がったんだ???」

です。

文中にでてくる、明治節ってなんだ?という疑問も浮かびます。

 11月3日の「文化の日」は、なぜ「明治節」と呼ばれていたのですか?  昭和23年7月20日に祝日法が公布され、11月3日は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」の趣旨によって祝日「文化の日」となりました。実はこの日は明治天皇のお誕生日にあたり、戦前は明治節と呼ばれていたのです。  はじめに明治の元号について説明します。元号とは年につける称号で、漢の武帝※1(紀元前159~87)の時代に「建元」と号したのにはじまり、日本でもこれに倣い西暦645年に「大化」と号したのが最初でした。しかし中国では中華民国の成立(1912年)とともに元号は途絶え、周辺諸国も諸王朝の滅亡とともに元号が廃止されてしまい、現在、元号が使用されているのは世界で日本だけとなっています。また明治以前までは元号が頻繁に変わっていましたが、たびたび改元されるのは好ましい伝統ではないと、江戸時代の学者たちから意見が出てくるようになりました。  明治維新になり、岩倉具視はこれらの学者の意見を採用して、天皇一代の間は1つの元号にする制、つまり一世一元を制定したのです。そして明治の改元にあたっては学者の松平慶永※2がいくつか選び、それを慶応4年(明治元年)9月7日の夜、宮中賢所※3において、その選ばれた元号の候補の中から、明治天皇御自らくじを引いて御選出されました。そして翌8日の一世一元の詔(みことのり)で「明治」と改元されたのです。  さて、次に本題の明治節について説明します。11月3日は先ほども説明しましたように、明治天皇のお誕生日です。戦前までは天皇誕生日は「天長節」※4と呼ばれていました。ですから戦前も今と同じように祝祭日として天長節(天皇誕生日)はお祝いされていたのです。ところが明治45年7月30日、明治天皇が崩御※5され、大正天皇が践祚※6されますと、天長節は大正天皇のお誕生日の日にあらためられて、11月3日は普通の日になってしまったのです。しかし国民から、明治天皇のご偉業を永遠に伝えていくためにも11月3日を祝日にしたいという運動が起きてきました。崩御直後の新聞には11月3日をどのように保存して行くべきか、アンケートを実施しているほどです(『国民新聞』大正元年8月13日~27日「11月3日を如何に保存すべき乎」)。そして、この中で圧倒的に多かったのが「明治節」の名称でありました。  大正14年に11月3日を祝日に制定する請願運動が行われ、2万名の署名が議会に提出されて同年2月23日、満場一致で可決されたのですが、大正天皇の御病気が悪化していたので、貴族院での審議は中断してしまいました。審議が再開されたのは昭和の御代にはいってからで、昭和2年の3月3日、明治天皇の御聖徳を敬仰して「明治節」として制定されたのです。以来、明治節は国家の大切な行事とされ、「四大節」※7の一つに数えられ、また戦後になっても11月3日は「文化の日」としてお祝いされているのです。  今ではもう日本にしか存在しない、しかも1300年以上も続いている元号の伝統と、近代日本の礎をお築きになられた明治天皇の御遺徳を偲ぶ意味でも、11月3日の明治節の精神を永久に子々孫々へ伝えていきたいものです。

武帝 前漢第七代皇帝。中央集権を強化し、儒教を採用して思想の統一を計り、漢の最盛期を現出した。即位の年を建元元年といい、年号のはじめとされる。
※2松平慶永 (1828~90)幕末の福井藩主。ペリー来航後、海防・攘夷を主張。徳川慶喜と協力して幕政改革・公武合体を進め藩政改革をおこなった。大政奉還・王政復古にあたっては公議政体派の中心人物として活躍した。
※3賢所 宮中三殿の一。天照大神の御霊代(みたましろ)として神鏡八咫鏡(やたのかがみ)を祀ってある所。
※4天長節 天皇誕生の祝日。明治元年制定。戦後、天皇誕生日と改称。ちなみに皇后誕生日は「地久節」と呼んだ。
※5崩御 天皇・太皇太后・皇太后・皇后の死去をいう語。
※6践祚 皇嗣が天皇の位を受け継ぐこと。先帝の崩御あるいは譲位による。
※7「四大節」 もと祝祭日とされた新年・紀元節(現在の建国記念日)・天長節(天皇誕生日)・明治節(文化の日)の総称。
 

※明治神宮ホームページより抜粋

なんと、明治神宮のホームページに、しっかりと書いてありますね。

明治天皇のお誕生日を憲法記念日にするということをGHQが嫌がったんでしょうね。

おとなの事情があるんだと思います。

まぁ、なにはともあれ、本日は文化の日。

今年はサザンオールスターズの桑田佳祐さん、女優の高畑淳子さんも紫綬褒章を貰われるそうですね。

私も何か文化に触れたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です